マスダヤ(増田屋) ブリキのおもちゃの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
マスダヤ(増田屋) ブリキのおもちゃ マスダヤ(増田屋)高額買取
マスダヤ(増田屋)WANTED

マスダヤ(増田屋) 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! マスダヤ(増田屋)高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

マスダヤ(増田屋)買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

京都府 M・Kさん

買取依頼品:マスダヤ ブリキ

不要になったマスダヤのブリキがあったので、こちらの買取サービスを利用することにしました。売ろうかどうか悩みましたが、今は売って良かったと思います。私の希望額を上回っていたので、もちろんすぐに売買契約を結びました。次回もまた利用したいなと思っています。


福岡県 M・Mさん

買取依頼品:マスダヤ ブリキほか

先日はマスダヤのブリキの件でお世話になりました。買取サービスの利用は初めてでしたが、たくさんのアドバイスをしてもらい助かりました。あの時のスタッフさんには感謝しています。まだブリキのコレクションがあるので、お願いしますね。


愛知県 S・Kさん

買取依頼品:増田屋 ブリキなど

増田屋のブリキオモチャが好きで、大人になってから集めていました。しかし、急にお金が必要となったので、いくつかを買取に出すことにしました。もともと大切に保管していたので、高い評価をもらえたようです。他にもまだオモチャがありますので、今度買取に出すときはお願いしたいです。



ブリキ 注力買取品一覧

買取項目一覧

マスダヤ(増田屋)買取のお取引方法を動画でご説明します!

マスダヤ(増田屋) ブリキのおもちゃ高額買取


マスダヤ(増田屋)のブリキのおもちゃを売るならお任せください!

マスダヤ(増田屋、現:増田屋コーポレーション)は、1724年(享保9年)江戸時代、3代将軍家光の乳母・春日局の末裔と称される齋藤林兵衛が創業した、歴史ある玩具メーカーです。明治時代に入り、いち早く貿易部を創設して世界中から玩具を取り寄せるなど、当時としても先進的な社風のメーカーでした。

マスダヤ(増田屋)のブリキのおもちゃには、ひし形の中に「MODERN TOYS(モダントイズ)」を略した「TM」を縦に重ねた特徴的なデザインのロゴが書かれています。
※「MODERN TOYS(モダントイズ)」は、マスダヤのブリキのおもちゃのブランド名です。

マスダヤ(増田屋)の代表的なおもちゃたち

【ダンシングカップル(Dancing Couple)】

増田屋が1940年代に販売した、セルロイドとブリキでできたゼンマイ式人形です。
ゼンマイを巻くと、直進と回転を繰り返しながら、可愛らしいカップルの人形が踊りだします。1945年~1952年の製品には、当時輸出品に義務付けられていた、「占領下の日本」を意味する「MADE IN OCCUPIED JAPAN」の文字が刻印されています。
このダンシングカップルは、おもちゃコレクター・北原照久氏のおもちゃコレクションを掲載した写真集「Laverss」の表紙を飾っているブリキ玩具で、日本の代表的なヴィンテージおもちゃとして紹介されています。

【歩行熊・歩行ペンギン・歩行人形】

「歩行熊」は、1948年(昭和23年)に増田屋が発売した、四足歩行する初のおもちゃです。
進駐軍から集めた空き缶のブリキを手で加工して、布製の毛皮を貼ったゼンマイ可動のクマの人形で、ときおりクリクリと周囲を見渡しながらユーモラスに歩きます。
その後、1951年にゼンマイ式のブリキ玩具「歩行ペンギン」を発売。そして翌年発売の「歩行人形」は当時の通産大臣賞を受賞しています。

【マスダヤコレクション(1997年発売の復刻シリーズ)】

昭和30年代に制作され、サザビーズNYのオークションで約1千万円で落札されたことでも有名な「MACHINE MAN(マシーンマン)」を含む袴型ロボット(通称「THE GANG OF FIVE」)をはじめ、1950年代のブリキのおもちゃを代表する名作ティン・トイ12種をミニチュア版のコレクションサイズで復刻したシリーズです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!