マルサン マルザン ブリキのおもちゃの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マルサン ブリキのおもちゃ マルサン高額買取
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マルサン驚きの買取事例
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マルサン高額買取

マルサン 関連買取実績

ブリキ 注力買取品一覧

買取項目一覧

マルサン ブリキのおもちゃ高額買取


マルサン(マルザン)のブリキのおもちゃを売るならお任せください!

マルサン(マルサン商店、1967年に「マルザン」へ社名変更)は、1950年代に数々のブリキ自動車(ティン・カー)の傑作を送り出し、1960年代以降は国産プラモデルとゴジラやウルトラマンシリーズの怪獣ソフビ人形で一大ブームを巻き起こした日本の玩具メーカーです。

マルサンの当時物のおもちゃには、丸印の中に「SAN」と書かれた社名を表す商標が印字されています。
※(株)マルサン商会、Marusan shouten などの表記もあり

マルサン(マルザン)の代表的なおもちゃたち

【マルサンのキャデラック】

1950年代前半に発売されたマルサンのキャデラックは、ブリキの自動車(ティン・カー)を代表する傑作です。
このキャデラックは、「小菅のジープ」や、同じくマルサンのフォード・セダンでも世界的に有名なブリキ職人・小菅松蔵氏がデザインを手掛けたもので、車体裏にはマルサンの商標と小菅氏のロゴマーク(KOSUGE)が刻まれています。
当時、ブリキ玩具が高級品でも500円程度だった時代に、1,500円という高額で発売されましたが、その美しいボディラインと、車内のメーターやエムブレムに至るまで緻密に再現されており、世界中の愛好家から高い支持を受けました。フリクション走行、電動式、リモコンタイプなど、さまざまなバリエーションが存在します。

マルサンのブリキのおもちゃには、他にも水中で遊べる潜水艦のシリーズや、リモコンで歩行するゴジラ、ウルトラマンなど、いずれもコレクター人気の高い名作・傑作アイテムが揃っています。

【マルサンのプラモデル・ソフトビニール人形】

マルサン商店は、日本の玩具会社の中でも、いち早くプラスチックモデルキットの開発を開始したメーカーとしても知られています。
1958年に発売された初のキット「原子力潜水艦・ノーチラス号」は、「日本初のプラモデル」として現在金型を保有する「童友社」からたびたび再販されています。
また、ゴジラ、大魔神、ガメラ、ウルトラマンなど特撮作品のヒーロー、怪獣を中心に、多数のキャラクタープラモデル、ソフビ人形、ブリキの歩行人形を発売し、人気を集めました。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!