ヨシヤ(吉屋) ブリキのおもちゃの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
12月11日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ヨシヤ(吉屋) ブリキのおもちゃ ヨシヤ(吉屋)高額買取
12月11日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
おまとめ査定
12月11日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
12月11日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ヨシヤ(吉屋)WANTED
12月11日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ヨシヤ(吉屋)驚きの買取事例

ヨシヤ(吉屋) 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ヨシヤ(吉屋)高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ヨシヤ(吉屋)買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

東京都 A・Iさん

買取依頼品:ヨシヤ ブリキ他

ブリキのロボットが好きで、ヨシヤなど色々なメーカーのものを集めていました。でも、今後のことも考え、集めていたコレクションを処分する決心をしました。量があったので出張をお願いし、全てきれいに買取。高額買取してもらえたので妻も喜んでいました。ありがとうございました。


大阪府 I・Kさん

買取依頼品:ヨシヤ ブリキ他

父がヨシヤが好きで、僕も影響を受けて好きになりブリキを集めていました。僕は他のブリキも集めていたのですが、結婚を機に一気に買い取りをお願いしかなりの値段をつけてもらえました。査定をプロに頼めたので、高く買取をしてもらえてよかったと思っています。


新潟県 A・Hさん

買取依頼品:ヨシヤ ブリキ他

子供の時から乗り物やロボットが好きで、ブリキに魅了されましたが、仕事の都合で転勤をすることになり、集めていたブリキを買取してもらわなくてはならなくなりました。仕方ないという気持ちもあったのですが、まずはヨシヤのものを。必死に集めていたものだったので高額買取してもらえ感謝しています。



ブリキ 注力買取品一覧

買取項目一覧

ヨシヤ(吉屋)買取のお取引方法を動画でご説明します!

ヨシヤ(吉屋) ブリキのおもちゃ高額買取


ヨシヤ(吉屋)のブリキのおもちゃを売るならお任せください!

吉屋(ヨシヤ)は、1940年代~60年代に海外輸出を主に、ブリキのおもちゃを製造・販売していた玩具メーカーです。

ヨシヤの当時物のおもちゃには、ひし形の中に「K O」と書かれた商標が刻印されています。
※(株)吉屋 Yoshiya などの表記もあり

ヨシヤ(吉屋)から発売されていた、主なブリキのおもちゃ

【スパーキー・ロボット(SPARKY ROBOT)】

吉屋が1950年代に製造・販売していたゼンマイ式のアンティークなブリキロボット「スパーキー・ロボット」。
この商品のヒットが、のちに多くのロボット玩具や、空飛ぶ円盤や宇宙作業タンクなど、レトロフューチャー感あふれる一連の吉屋のブリキおもちゃへ繋がったと言われています。
頭部に伸びたアンテナ状のスイッチを押すと、ゼンマイが止まる仕掛けになっていました。

【フライング・ソーサー(FLYING SAUCER)】

1960年代に発売されたフライング・ソーサーは、吉屋が得意としたSF的乗り物のブリキ玩具。電動式の空飛ぶ円盤で、スイッチを入れると機体のアンテナを回転させながら、激しく左右に動きます。
機体の大きなキャノピーから覗けるコクピットには、当時ソビエト連邦が打ち上げた「ボストーク6号」で、史上初の女性飛行士となった「ワレンチナ・テレシコワ」を思わせる女性パイロットが搭乗しています。

【スペース・スーパー・ジェットガン(SPACE SUPER JET GUN)】

SFを題材とする数々のブリキ玩具の中にあって、ひときわ目を引くのがブリキ製の宇宙光線銃です。
銃口部分は半透明な蛍光グリーンのプラスチックで、引き金を引くと激しい音を立てながら内部の赤い光線が前後に動くギミックが付いています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!