トープレ(東プレ) ブリキのおもちゃの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
トープレ(東プレ) ブリキのおもちゃ トープレ(東プレ)高額買取
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
トープレ(東プレ)驚きの買取事例
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
トープレ(東プレ)高額買取

トープレ(東プレ) ブリキのおもちゃ高額買取


トープレ(東プレ)のブリキのおもちゃを売るならお任せ下さい!

トープレ(東京プレイシング商会、東プレ/Toplay)は、1956年に創業された玩具メーカーです。ゼンマイ式のブリキ玩具の傑作を作り出した天才職人・串田恭男氏が企画・開発に携わり、ブリキのおもちゃを代表する名作の数々を生み出しました。

東京プレイシング商会の当時物のおもちゃには、「Tokyo Preishingu Shoukai」の頭文字をとった「T.P.S.」と書かれた帯と、三本の指を突き出した手が描かれた、特徴のある商標が刻印されています。

東京プレイシング商会の代表的なゼンマイ式ブリキ玩具

【ピエロのローラースケーター(Clown on Roller Skates)】

1950年代から60年代にかけ、トープレ(東京プレイシング商会)はゼンマイを動力として、多彩な仕掛けでユーモラスな動きを見せる名作ブリキ玩具の数々を、世に送り出してきました。
中でも「ピエロのスケーター(スケーティングピエロ)」は、懐かしの玩具を紹介するテレビ番組や、日本のおもちゃの歴史を綴った本でもたびたび紹介される、戦後おもちゃの傑作の一つです。
ローラースケートを蹴りだすように勢いをつけながら、ひらりひらりと方向を変えて滑る複雑でユーモラスな動きには、天才ブリキ職人・串田恭男氏のこだわりがつまっています。

同シリーズには、フルーツを乗せたお盆を持って走る「シェフのスケーター」や、ウサギ・クマなど動物をモチーフにした人形も存在します。

【ブリキレール 鉄人28号】

8の字を描くレールの上を、ゼンマイ式の鉄人28号が走り回るブリキのおもちゃ。
レールとなる台座には、鉄人28号と、ブラックオックスなどライバルロボットが向かい合うイラストが鮮やかに描かれています。
同シリーズには、レーシングカーをモチーフとした「ミニレールレーシング」や、戦場が描かれたプレートの上で戦車が走る「COMBAT TANK ON BATTLE FRONT(輸出品)」などがあります。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!