カナメ産業 ブリキのおもちゃの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
カナメ産業 ブリキのおもちゃ カナメ産業高額買取
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
カナメ産業驚きの買取事例
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
カナメ産業高額買取

カナメ産業 ブリキのおもちゃ高額買取


カナメ産業のブリキのおもちゃを売るならお任せください!

カナメ産業は、主にクラシックなヴィンテージカーを中心に、ブリキの自動車の製造を手掛けていたおもちゃメーカーです。

当時の日本人にとって、ポルシェやボルボなど高級外車は、映画やカタログの中でしか見る事ができない幻の車でした。
カナメ産業をはじめとする、国内玩具メーカーが製造していた、精密に作り込まれたブリキ自動車たちは、そんな時代に、あこがれの外車を所有する、ささやかな夢を満たしてくれるアイテムでもあったのです。

カナメ産業から発売されていた、代表的なブリキの自動車

【ポルシェ356A ハードトップ】


ポルシェ356Aの1958年(昭和33年)型モデルを忠実に再現した、カナメ産業製のブリキの自動車(ティン・カー)。
ワインレッド、メタリックブルー、メタリックグリーン、ペパーミントグリーンなど、実車さながらのカラーバリエーションが存在し、また、同じモデルを使用してフリクション走行(はずみ車の手動式)、電動駆動、リモコンタイプなど、さまざまなバージョンが発売されています。

【ボルボ P.V.444】

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ(Volvo)初の本格的な量産小型乗用車として、1946年から1965年の間に生産されたPV444シリーズ。

カナメ産業製「ボルボ P.V.444」のブリキカーは、前後のフェンダーが独立した特徴的な流線型のボディと、車体内部のディティールまでしっかりプリントで再現した逸品。タイヤはゴム製で、後輪のフリクションで可動します。

また、発売当時のパッケージは、車体にそって器用に折りたたまれた中敷に、ブリキの車体とあわせて2色のツートンカラーに見せるようプリントされたこだわりの仕様となっていました。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!