鉄人28号 ブリキの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
鉄人28号 ブリキのおもちゃ 鉄人28号高額買取
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
鉄人28号驚きの買取事例
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
鉄人28号高額買取

鉄人28号 関連買取実績

ブリキ 注力買取品一覧

買取項目一覧

鉄人28号 ブリキのおもちゃ高額買取


「鉄人28号」のブリキ玩具を売るならお任せください!

「鉄人28号」は、横山光輝による、平和を守る巨大ロボット漫画。
太平洋戦争末期、大日本帝国陸軍が秘密兵器として開発した、巨大ロボット「鉄人28号」。鉄人を操れるリモコンを手に入れた主人公の少年探偵・金田正太郎は、鉄人28号の力で、犯罪者や怪ロボットを倒していく。ロボットアニメの先駆けとなった作品です。

「鉄人28号」は、1956年に月刊誌「少年」で漫画が連載スタートし、1959年にはラジオドラマとして放送されました。翌年には実写テレビドラマ化(全13話)され、さらに1963年にアニメが放送されるなど、リメイクを繰り返し、何度も映像化されてきた人気作品です。

「鉄人28号」のおもちゃを発売していた主なメーカー

【野村トーイ ブリキの鉄人28号】

ブリキの鉄人28号の代表格ともいえる、野村トーイ製のゼンマイ歩行人形。当時物のおもちゃには金型により複数のバリエーションがあり、それぞれ「1号タイプ」「2号タイプ」などとコレクターから呼ばれています。
また近年では、平成元年(1989年)に大阪ブリキ玩具資料室が、この野村トーイ製の鉄人28号を、当時の製法で再現した復刻版を発売しています。
※当時物と復刻版は、背中の商標(野村トーイの当時物はひし形の中に「T.N」(Nomura toy)、大阪ブリキの復刻版はローラースケートをしているブリキ人形のイラストを「OSAKA TIN TOY INSTITUTE」の文字で丸く囲んだロゴマーク)で見分けることができます。

【その他メーカーから発売された鉄人28号のおもちゃ・グッズ】

鉄人28号は、他にも浅草玩具(浅草商会)や松代玩具、三浦トーイなど、1950年代~60年代を代表するおもちゃメーカーからブリキのおもちゃや関連グッズが多数発売されている人気キャラクターです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!