黄金バット ブリキの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
黄金バット ブリキのおもちゃ 黄金バット高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
黄金バット驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
黄金バット高額買取

黄金バット ブリキのおもちゃ高額買取


「黄金バット」のブリキ玩具を売るならお任せください!

「黄金バット」は、昭和初期の紙芝居に登場したヒーローです。
元々、白骨面に黒マントの怪盗が活躍する紙芝居シリーズ「黒バット」が人気だったことがきっかけとなり、悪役を倒す正義のヒーローとして、黄金色の仮面を被った「黄金バット」が誕生しました。

主人公である黄金バットは、悪の首領であるナゾーとその手下達に立ち向かう、スーパーヒーローとアンチヒーローの両面を持つ孤高のヒーロー。
昭和40年代には漫画や映画、さらにテレビアニメが放送され、人気を集めた作品です。

「黄金バット」のおもちゃを発売していた主なメーカー

黄金バットは昭和の日本を代表するヒーローキャラクターとして、当時様々な玩具メーカーからブリキのおもちゃや日用品など関連グッズが発売されました。

【野村トーイ製・電動式ブリキの黄金バット】

野村トーイが1960年代に販売していたブリキ製黄金バットは、顔を怪しく光らせながら二足歩行で歩く、電動式のおもちゃです。
ペイントやソフビ製の頭部を変更した同金型のブリキ玩具では、ビッグX、マグマ大使、遊星仮面など当時のヒーローたちの商品も発売されています。

【ビリケン商会製・ゼンマイ歩行式ブリキの黄金バット】

昭和の懐かしのヒーローたちを、1950年代~60年代のブリキ玩具黄金時代の製法で、今も販売し続けるビリケン商会。
そのビリケン商会から発売された、ゼンマイ歩行の黄金バットは,ブリキ玩具の名匠、串田恭男氏が手掛けた逸品で、背中にはビリケン商会のマークとともに、「y.KUSHIDA」と串田氏のサインがプリントされています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!