ウルトラマン ブリキの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ウルトラマン ブリキのおもちゃ ウルトラマン高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ウルトラマン驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ウルトラマン高額買取

ウルトラマン 関連買取実績

ブリキ 注力買取品一覧

買取項目一覧

ウルトラマン ブリキのおもちゃ高額買取


「ウルトラマン」のブリキ玩具を売るならお任せください!

円谷プロダクションの人気特撮シリーズ、「ウルトラマン」シリーズ。
1966年(昭和41年)から放送されたウルトラQ、そして続く初代ウルトラマンは、主役のウルトラマンのみならず、毎週登場するバルタン星人やレッドキング、ツインテール、ゼットンなど個性豊かな怪獣たちが人気を博し、日本中の子供たちの間に「怪獣ブーム」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。

その後も、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンAなどシリーズを重ね、現在も日本の特撮作品を代表するヒーローとして、子供から大人まで人気を集めているシリーズ作品です。

「ウルトラマン」のおもちゃ・グッズを発売していた主なメーカー

【マルサン製・ブリキの電動歩行ウルトラマン】

ウルトラマンの怪獣ソフビ人形で、「怪獣ブーム」のきっかけとなったマルサン商会では、ウルトラマンのブリキ人形も発売していましたます。
中なかでも、リモコン式の電動歩行ウルトラマンのブリキ玩具は、テレビの人気鑑定番組でも高額の査定を記録した逸品。当時物としては頭部が小さい、独特のスタイルが特徴です。ほかにも、ソフビ人形やプラモデルが大小サイズ違いで発売されています。

マルサン商店倒産後、その後を継いだブルマァクでは、ウルトラ怪獣のソフビ人形とあわせ、ゼンマイ歩行のウルトラセブン、ウルトラマンA、ウルトラマンレオなど昭和ウルトラマンたちのゼンマイ式ブリキのおもちゃを製造、販売しました。

【松代玩具(トイマーク)製・ウルトラホーク】

松代玩具(トイマーク)が製作していたの、ウルトラセブンに登場するしていた「ウルトラホーク1号」などのをはじめとするメカの電動式プラスチック玩具は、細部まで精密に作られた傑作シリーズとして知られています。「ウルトラホーク1号」は,ウルトラセブンの劇中でも、最終回に登場しました。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!