マグマ大使 ブリキの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マグマ大使 ブリキのおもちゃ マグマ大使高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マグマ大使驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マグマ大使高額買取

マグマ大使 ブリキのおもちゃ高額買取


「マグマ大使」のブリキ玩具を売るならお任せください!

「マグマ大使」は手塚治虫の漫画作品です。
1965年から1967年まで少年月刊誌「少年画報」で連載されました。並行して1966年から1967年まではフジテレビ系で特撮ドラマとして放映され、日本初の全64話がカラー放送された、記念すべき特撮作品でもあります。

マグマ大使とは、地球の創造主アースが、地球侵略を狙う「宇宙の帝王」ゴアとの戦いのために生んだロケット人間。
頭部アンテナから熱線砲を出し、腹部からミサイルを発射するなど、多彩な攻撃方法が魅力とされました。映画化やソフト化され、2009年にはDVD‐BOXがキングレコードより発売されています。

「マグマ大使」のブリキのおもちゃを発売していた主なメーカー

【野村トーイ製・ブリキの電動歩行式マグマ大使 】

野村トーイ製・ブリキのマグマ大使は、背中に乾電池を入れると顔を光らせながら歩く電動歩行式のおもちゃです。
頭部やマントを変更した同タイプの商品として、同じく手塚治虫作品のビッグXのほか、黄金バット・遊星仮面など当時のヒーローたちのブリキ玩具も発売されています。

【三浦商事製・マグマ大使三輪車】

マグマ大使三輪車は,ゼンマイで動くブリキ製の三輪車に、マグマ大使のソフビ人形が乗った三浦商事の玩具です。当時、ヒーローがオートバイや三輪車に乗ったブリキのおもちゃは各メーカーから競って発売されていました。

【その他メーカーのマグマ大使のおもちゃ・グッズ】

その他、多田(多田製作所)やビリケン商会からは、ゼンマイ歩行式ブリキのマグマ大使が発売されています。ブリキのおもちゃ以外の当時物のおもちゃでは、クラウンからゼンマイ歩行式、そして今井科学からは電動歩行式のプラモデルも発売されています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!