ゴジラ ブリキの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ゴジラ ブリキのおもちゃ ゴジラ高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ゴジラ驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ゴジラ高額買取

ゴジラ ブリキのおもちゃ高額買取


「ゴジラ」のブリキ玩具を売るならお任せください!

東宝が1954年に製作した「ゴジラ」は、日本の怪獣映画を代表する特撮シリーズです。演技者が着ぐるみに入って、怪獣同士の格闘をリアルに演じる手法は、その後の日本の特撮映画・テレビ番組の礎を築きました。

昭和ゴジラシリーズの第1作目では、水爆大怪獣映画として「人間が生み出した恐怖の象徴」として描かれましたが、第5作目で人間の味方として描かれてからは、子供たちのヒーローとなりました。

海外での評価も高く、エンターテイメント界で活躍した人物の名前が彫りこまれているハリウッド・ウォーク・オブ・フェームでは、早川雪洲・マコ岩松と並び、日本のキャラクターとしてゴジラの星が登録されています。

「ゴジラ」のブリキのおもちゃを発売していた主なメーカー

【マルサン・ブルマァク製「世紀の大怪獣ゴジラ」】

昭和39年にマルサン商店(のちのマルザン)から発売されていた、電動式のブリキのおもちゃ「世紀の大怪獣ゴジラ」は、リモコン式で目が光り、煙を上げながら歩く迫力のギミックを搭載し、複雑な背びれもしっかりと造形された、現在もコレクター人気の高い名作ブリキ玩具のひとつです。

マルサン商店が倒産した後も、怪獣ソフビで知られる「ブルマァク」に引き継がれ販売されました(ブルマァクのゴジラは、パッケージに「古代怪獣ゴジラ」と記載されている場合があります)。
ブルマァクでは、同仕様のリモコン式ブリキおもちゃとして、同じく東映怪獣の「バラゴン」「ガイガン」も発売しています。

また、日本でもいち早くプラモデルの販売を開始していたマルサン(マルザン)からは、キャプテンウルトラ、宇宙家族ロビンソン、ウルトラセブンなどと並び、ゴジラのプラモデルも発売されていました。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!