メグロ オートバイ ブリキのおもちゃの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
メグロ オートバイ ブリキのおもちゃ メグロ オートバイ高額買取
メグロ オートバイWANTED

メグロ オートバイ 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! メグロ オートバイ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

メグロ オートバイ買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

福岡県 M・Sさん

買取依頼品:バンダイ メグロ オートバイ

オートバイ好きが高じて、オートバイの模型などを集めていました。その中にメグロのブリキもあり、レトロな雰囲気でとても好きだったのですが、事情が出来て買取を依頼しなくてはならなくなりました。とても大切にしていたブリキのおもちゃなので、プロの査定で高く買い取ってもらえてよかったです。


東京都 T・Sさん

買取依頼品:バンダイ メグロ オートバイ

メグロのオートバイのブリキを買い取ってもらいました。以前も買取をお願いしたことがあり、信頼出来て高く買い取ってもらえることを知っていたので、大事にしていたコレクションを売ろうと思い依頼をしました。ブリキは古くて壊れやすいこともあり、出張依頼で買取をしてもらいました。


山口県 N・Aさん

買取依頼品:メグロ オートバイなど

メグロのオートバイなど、昔集めていた車やバイク関係のブリキ玩具を出張買い取りで買い取ってもらいました。インターネットから買取をしてもらうのは初めてで、身内でもここを利用した人はおらず問い合わせでいろいろと質問をしてしまいましたが、質問にも1つ1つ丁寧に答えてくれたので安心しました。ありがとうございました。



ブリキ 注力買取品一覧

買取項目一覧

メグロ オートバイ買取のお取引方法を動画でご説明します!

メグロ オートバイ ブリキのおもちゃ高額買取


メグロのオートバイのブリキおもちゃを売るならお任せください!

メグロのオートバイは、目黒製作所(現在は川崎重工業に吸収)が製作、販売していたオートバイです。 1936年(昭和11年)に、最初に制作されたメグロ号・Z97は、500cc、4ストロークOHV単気筒エンジンを搭載した、日本初の個人向けレース用中型バイクで、実車はおよそ850台のみ生産されています(個人のコレクションを除けば、東京の千代田区神田にある交通博物館に実車が存在しています)。
時代を先駆けた性能と、ヨーロッパ風のスタイルは当時から人気が高く、陸王、アサヒ号などと並ぶ昭和初期の代表的なオートバイのひとつに数えられています。

戦後、メグロは250ccの「メグロ・S3」や、「スタミナ号」の愛称で親しまれた「メグロ・Z7」と後継車の「K」「K2」、白バイに多く採用された「メグロ・セニアT2」など人気の車種を数多く製造しました。当時の玩具メーカーからは、これらオートバイのブリキ製のおもちゃや精巧な模型が発売されました。

メグロのオートバイの代表的なブリキのおもちゃ

【旧バンダイ製・メグロ 500ccオートバイ】

1950年代、バンダイが「BCバンダイ」(バンダイカンパニーの略で、当時物の商品にはBとCを図案化したロゴが商標としてついています)であった当時、ブリキ製おもちゃの「世界の自動車シリーズ(通称赤箱シリーズ)」のラインナップのひとつとして「メグロ 500ccオートバイ」で発売しました。
フリクション稼働で走行し、細部までブリキで再現された精巧な模型。黒、白などいくつかのカラーバリエーションが存在し、ソフビ製の警察官の人形がまたがった「白バイ」バージョンも発売されています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!