メグロ オートバイ ブリキの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メグロ オートバイ ブリキのおもちゃ メグロ オートバイ高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メグロ オートバイ驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メグロ オートバイ高額買取

メグロ オートバイ ブリキのおもちゃ高額買取


メグロのオートバイのブリキおもちゃを売るならお任せください!

メグロのオートバイは、目黒製作所(現在は川崎重工業に吸収)が製作、販売していたオートバイです。 1936年(昭和11年)に、最初に制作されたメグロ号・Z97は、500cc、4ストロークOHV単気筒エンジンを搭載した、日本初の個人向けレース用中型バイクで、実車はおよそ850台のみ生産されています(個人のコレクションを除けば、東京の千代田区神田にある交通博物館に実車が存在しています)。
時代を先駆けた性能と、ヨーロッパ風のスタイルは当時から人気が高く、陸王、アサヒ号などと並ぶ昭和初期の代表的なオートバイのひとつに数えられています。

戦後、メグロは250ccの「メグロ・S3」や、「スタミナ号」の愛称で親しまれた「メグロ・Z7」と後継車の「K」「K2」、白バイに多く採用された「メグロ・セニアT2」など人気の車種を数多く製造しました。当時の玩具メーカーからは、これらオートバイのブリキ製のおもちゃや精巧な模型が発売されました。

メグロのオートバイの代表的なブリキのおもちゃ

【旧バンダイ製・メグロ 500ccオートバイ】

1950年代、バンダイが「BCバンダイ」(バンダイカンパニーの略で、当時物の商品にはBとCを図案化したロゴが商標としてついています)であった当時、ブリキ製おもちゃの「世界の自動車シリーズ(通称赤箱シリーズ)」のラインナップのひとつとして「メグロ 500ccオートバイ」で発売しました。
フリクション稼働で走行し、細部までブリキで再現された精巧な模型。黒、白などいくつかのカラーバリエーションが存在し、ソフビ製の警察官の人形がまたがった「白バイ」バージョンも発売されています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!