ブリキの人形 ブリキ玩具の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ブリキの人形 ブリキの人形高額買取
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ブリキの人形驚きの買取事例
8月1日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ブリキの人形高額買取

ブリキの人形高額買取


ブリキの人形・おもちゃを売るならお任せください!

薄い鉄板をスズでメッキした「ブリキ」を使った、子供向けのおもちゃの製造がはじまったのは、日本では明治時代からのことでした。

戦後、日本から海外、主にアメリカに向け輸出したブリキのおもちゃは、当時の職人たちが技術の粋を凝らした精巧な細工で、ひとつの黄金時代を築いたのです。

当時物のブリキの人形は、どこか温かみのあるデザインと、ゼンマイ仕掛けとは思えないような人間味あふれる多彩な動きで、現在では世界中のコレクターから、一種の芸術品として高い人気を持つビンテージアイテムとなっています。

世界中から愛される、ブリキの人形の名品の数々

【名匠・串田恭男氏のブリキの人形】

串田恭男氏は、昭和30年代から数多くのゼンマイ式ブリキの人形の傑作を世に送り出してきた、天才的な職人として知られています。

「東京プレイシング商会」の「ピエロのスケーター(Clown on Roller Skates)」は、その代表的な名作のひとつ。ゼンマイを巻くと、おどけた表情のピエロがあちらこちらへユーモラスに動きを変えながら滑り出します。

【マスダヤ(増田屋)製・ブリキの人形】

マスダヤは,戦後を代表するブリキのおもちゃメーカーのひとつ。
進駐軍から出た空き缶を使って1948年に制作されたブリキ製の人形「歩行熊」は、四足歩行する初の国産おもちゃです。まるで本物の熊のように、時折立ち止まっては周囲をきょろきょろと見渡す、複雑なギミックが取り入れられていました。

「占領下の日本」を意味する「MADE IN OCCUPIED JAPAN」の文字がプリントされた当時物のマスダヤのブリキ人形は、コレクターの間で高く評価されているヴィンテージアイテムです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!