ウルトラQの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ウルトラQ ウルトラQ高額買取
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ウルトラQ驚きの買取事例
6月27日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ウルトラQ高額買取

ウルトラQ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

1/1 マスク
1/1 マスク
CCP
CCP
DVD ブルーレイボックス
DVD ブルーレイボックス
DX玩具
DX玩具
ULTRA-ACT ウルトラアクト
ULTRA-ACT ウルトラアクト
ウルトラレプリカ
ウルトラレプリカ
エクスプラス X-PLUS
エクスプラス X-PLUS
なりきりシリーズ
なりきりシリーズ
バンダイ ウルトラマン おもちゃ
バンダイ ウルトラマン おもちゃ
ブリキ ゼンマイ
ブリキ ゼンマイ
プロジェクトBM!
プロジェクトBM!
リアルアクションヒーローズ
リアルアクションヒーローズ
ウルトラQ
ウルトラQ
ウルトラセブン
ウルトラセブン
帰ってきたウルトラマン
帰ってきたウルトラマン
ウルトラマンA
ウルトラマンA
ウルトラマンタロウ
ウルトラマンタロウ
ウルトラマンレオ
ウルトラマンレオ
ザ☆ウルトラマン
ザ☆ウルトラマン
ウルトラマン80
ウルトラマン80
ウルトラマンティガ
ウルトラマンティガ
ウルトラマンダイナ
ウルトラマンダイナ
ウルトラマンガイア
ウルトラマンガイア
ウルトラマンコスモス
ウルトラマンコスモス
ウルトラマンネクサス
ウルトラマンネクサス
ウルトラマンマックス
ウルトラマンマックス
ウルトラマンメビウス
ウルトラマンメビウス
ウルトラマン列伝
ウルトラマン列伝
ウルトラゼロファイト
ウルトラゼロファイト
ウルトラマンゼロ
ウルトラマンゼロ
ウルトラマンギンガ
ウルトラマンギンガ
ウルトラマンギンガS
ウルトラマンギンガS
ウルトラファイトビクトリー
ウルトラファイトビクトリー
ウルトラマンX
ウルトラマンX
ウルトラマンオーブ
ウルトラマンオーブ

買取項目一覧

ウルトラQ高額買取

「ウルトラQ」とは?
「ウルトラQ」は1966年に円谷プロダクションとTBSの制作で放映された特撮テレビドラマです。

万城目淳、戸川一平、江戸川由利子という3人の主人公が不可思議な事件と遭遇する物語で、「アウター・リミッツ」や「トワイライトゾーン」といったアメリカの怪奇現象を扱ったテレビドラマを意識して作られました。そのため放送当初は様々なSF的怪奇現象やアイテムが登場するなどして話題となりましたが、途中から怪獣を中心としたストーリーに路線を変更。この路線変更が次作である「ウルトラマン」シリーズにつながることとなりました。

「ウルトラQ」のシリーズとは?

「ウルトラQ」は後に円谷プロの長期コンテンツとなるウルトラマンシリーズの原型となった作品です。この作品に登場した怪獣、ラゴンとケムール人は次作となる「ウルトラマン」にも登場しています。

リメイク作品として劇場版の「ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説」やテレビドラマ「ウルトラQ dark fantasy」があるほか、直接的な続編にあたる作品としては「ネオ・ウルトラQ」があります。

また「ウルトラQ」は1966年の放送時期に集英社の月刊少年ブックで漫画が連載されていました。ほかにも様々な出版社の雑誌でコミカライズがされています。

「ウルトラQ」の歴史とは?

「ウルトラQ」は1966年の1月から7月にかけてTBSで放送されました。全話の平均視聴率が30%を超える大ヒットを記録し、主題歌などが収められたレコードや作品に登場する怪獣のソフビ人形などが人気となりました。
放送の途中から怪獣がメインの物語へと路線変更がなされ、その流れは「ウルトラマン」へと引き継がれてゆきます。

一方で1990年ごろから「ウルトラQ」そのものに対する再評価の熱が高まり、1990年にはリメイク作品となる劇場映画「ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説」が公開、2013年にはWOWOWで続編となる「ネオ・ウルトラQ」が製作されました。

「ウルトラQ」は人気の代名詞ともいえるソフビ人形をはじめとして様々なキャラクター商品があり、現在でも人気です。特に放送時に販売されていたもので未開封のものは人気が高く、かなりの高値で買取されます。現在はそれらのソフビ人形はエクスプラスやM1号などから復刻されており、そのなかにも高値で買取されるものがあります。

また当時美研が販売していたゴム製のスケールモデル怪獣シリーズやフォノシート付きの紙芝居などもマニアの多いアイテムです。当時出版されていたムックや書籍の中にも状態によってはプレミア価格の付くものがあります。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!