ウルトラマンレオの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
ウルトラマンレオ ウルトラマンレオ高額買取
ウルトラマンレオWANTED

ウルトラマンレオ 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ウルトラマンレオ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ウルトラマンレオ買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

富山県 H・Kさん

買取依頼品:ブルマァク ソフビ ウルトラマンレオ 当時モノ ほか

ウルトラマンレオ関連商品をいくつかもっていましたが、世間的価値が気になったので鑑定してもらうことにしました。それぞれに差がありますが、中には高額の価値になるものもあるとのことで、さっそく買取をお願いしました。一連の対応も丁寧で、ストレスがなかったです。ありがとうございました。


千葉県 N・Aさん

買取依頼品:ポピー ウルトラマンレオ ソフビ人形 ほか

持込で売りに行くのは手間なので、自宅まで来てもらえる出張買取があるこちらにお願いすることにしました。ウルトラマンレオのフィギュアが特に高い査定となりましたが、オークションなどよりも手間がかからず、しかも手数料もかからず得した気分です。対応も良かったです。


石川県 I・Sさん

買取依頼品:ブルマァク ノンホールシリーズ ウルトラマンレオ マッキー3号 ほか

宅配買取で、以前集めていたウルトラマンのグッズを処分しました。傷があったりもしますが、ウルトラマンレオなど高い値段がついたものもあります。宅配買取ならそのまま箱につめて送るだけで、後はメールや電話でのやりとりで済むので、社会人など忙しい人におすすめです。



ウルトラマン 注力買取品一覧

買取項目一覧

ウルトラマンレオ買取のお取引方法を動画でご説明します!

ウルトラマンレオ高額買取

「ウルトラマンレオ」とは?
「ウルトラマンレオ」とは、1974年から1975年にかけて放送されたウルトラシリーズ作品です。ウルトラシリーズ第7作目に当たると同時に、「帰ってきたウルトラマン」から続く第2期シリーズのラストを飾る作品でもあります。

これまでのM78星雲出身のウルトラ戦士とは違い、ウルトラマンレオは故郷である獅子座L77星を失った宇宙人であるという設定になっています。

当時の空手・カンフーブームを受け、格闘技を主力にして戦うスタイルになっています。ウルトラセブンことモロボシ・ダンが対怪獣チームの隊長を務め、レオを導く役割として登場しているのも特徴です。

「ウルトラマンレオ」のシリーズとは?

「ウルトラマンレオ」はは全51話で構成されている作品で、1クール毎にシリーズ分けされています。

特に有名なのが最終クールの「恐怖の円盤生物シリーズ」です。突如襲来した円盤生物により主人公が所属する対怪獣チームが基地ごと全滅、その他のレギュラー陣も円盤生物によって殺されてしまうというストーリーは、多くの視聴者に衝撃を与えました。

放送終了後も、後続のウルトラシリーズや映画に登場しています。「ウルトラマンメビウス」では34話に登場し、かつて自分がセブンに導かれたように、メビウスを導く重要な役どころを演じました。

「ウルトラマンレオ」の歴史とは?

「ウルトラマンレオ」は1974年から1975年にかけて全51話で放送されました。その後1980年代に入り、レンタルビデオが黎明期を迎えます。これを受けてウルトラシリーズは続々とソフト化し、ファン層を広げていくことになります。「ウルトラマンレオ」がソフト化したのは遅く、1990年代に入ってからでした。

時は流れて2006年、「デジタルウルトラシリーズ」の一つとしてDVDが全13巻で発売されました。このシリーズは第4巻以降に新・旧主題歌を切り替える機能が搭載されています。2013年にはDVDボックスが発売、こちらには切り替え機能が付いていません。

テレビ放送中、視聴率では苦戦を強いられた「ウルトラマンレオ」ですが、獅子の鬣を模した頭部デザインや、模様のないシンプルなボディデザインなど、他のウルトラ戦士にはない特徴を備えていることもあり、非常に人気の高いキャラクターです。それだけに買取の場でも多くの関連グッズが出ています。

ソフビ人形や通常のフィギュアはもちろんですが、作中の躍動感あふれるポーズを再現できる「ULTRA-ACT」も人気です。
人形の他にも、対怪獣チームの基地である「マック基地」、戦闘機「マッキー1号、2号」、変身アイテムである「レオリング」などの関連アイテムも注目されています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!