DX妖怪ウォッチ うたメダルの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
DX妖怪ウォッチ うたメダル DX妖怪ウォッチ うたメダル高額買取
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
DX妖怪ウォッチ うたメダル驚きの買取事例
7月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
DX妖怪ウォッチ うたメダル高額買取

DX妖怪ウォッチ うたメダル高額買取

「うたメダル」とは?


2015年に大ヒットした任天堂3DSのゲームソフトである「妖怪ウォッチ」関連の玩具もしくはゲームソフトと連動したQRコードが付属したバンダイが発売しているメダル型玩具です。
ガシャポンや食玩・パック入りなど様々な形態で販売されています。

うたメダルはDX妖怪ウォッチUに入れると妖怪達の歌(音声)が聞けるメダルで、召喚ソングや歌を聞ける仕組みになっています。
ゲームソフトにQRコードを読み込むとゲーム内でレコードが受け取れバトル中に歌を流すと自分の手持ち妖怪のステータス(能力)をアップさせる効果を持っています。

「うたメダル」の歴史とは?

2013年7月に発売された任天堂3DSのゲームソフト「妖怪ウォッチ」に連動した玩具としてバンダイより2014年に妖怪メダルが発売されました。

うたメダルは初代の銀フレームからZメダル・古典メダル・Bメダルに続いて2015年10月に発売された妖怪メダルの一つです。
パック入りでは2015年10月にstage1が発売され、同年12月にstage2が発売されています。
2016年2月にstage3が発売されていますがパックのシリーズ以外に様々な媒体でのキャンペーンメダルが出ています。
2015年10月には連動してうたメダル専用の収納玩具「ゲラポスティーニTHEうたの大辞典」も発売されています。

「うたメダル」のシリーズとは?

うたメダルのパックでのシリーズは2016年2月現在で3シリーズになり、最初はstage1「更新!うたメダルヒットパレード」では「たべものがかり」や「ドンブリーズカムトゥルー」があり、stage2「銀幕デビュー!5つのうたの物語だニャン!」では「ヘヤノスミス」「ミズカキ隊」などがあります。stage3「新章発見!ジャポンの国からコンニチワ!」では「イロイロツクローバーZ]などです。

他にもキャンペーンや進化キットに付属した形で「タロニャントリオ」や「レッドホットオニバッカーズ」などがあり複数の妖怪で歌っている物もあれば単独で歌っているシリーズもあります。


うたメダルで歌っている妖怪の数がまだ少なく「グレるりん」や「ヒキコウモリ」など決まった妖怪だけに限られています。つまりゲーム内で使うにしてもステータスがアップ出来る妖怪が限られる事になります。

またパック入りで購入しても銀フレームのノーマルメダルやZメダルもあるので必ずしもうたメダルを引き当てるとは限りません。
他のメダル同様に「はぐれメダル」と呼ばれる希少性の高い一部デザインが違うメダルがあり、他の妖怪に食べられた姿や地味な妖怪に憑りつかれた物などがあります。
マニアであれば直ぐに気付きますが、初めて購入した場合では発見しにくいかもしれません。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!