マッドサンダー ゾイド(ZOIDS)の買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
12月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マッドサンダー ゾイド(ZOIDS) マッドサンダー高額買取
12月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
おまとめ査定
12月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
12月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マッドサンダーWANTED
12月18日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
マッドサンダー驚きの買取事例

マッドサンダー 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! マッドサンダー高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

マッドサンダー買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

長野県 M・Sさん

買取依頼品:ゾイド マッドサンダー ほか

買取依頼というものはこれまでしたことがなかったのですが、ゾイドのマッドサンダーなどを売ってみようと思い、ネットで検索してこちらに決めました。問い合わせはメールでしたが、返信が早く宅配買取の方法も思ったより手間がかかりません。送料無料はいいですね。買取金額も満足でした。


茨城県 H・Aさん

買取依頼品:ゾイド マッドサンダー ほか

ゾイドを売りました。マッドサンダーなど人気商品のため査定額を知りたいと思って、お願いしましたが、買取金額がよかったのでそのまま買取となりました。また何かあればよろしくお願いします。


宮崎県 H・Sさん

買取依頼品:ゾイド マッドサンダー、デスザウラー ほか

最初のシリーズが出てから、かなり経っていますが、ゾイドシリーズは未だに世代問わず人気が高いとのことで、高額買取になりました。特に高値がついたのが、マッドサンダーやデスザウラーなど旧ゾイド。鑑定士が価格をつけてくれるので、よくある不当に安くされる心配もありません。本当に感謝です。



ゾイド 注力買取品一覧

買取項目一覧

マッドサンダー買取のお取引方法を動画でご説明します!

マッドサンダー ゾイド(ZOIDS)高額買取


「マッドサンダー ゾイド(ZOIDS)」とは

メカ生体ZOIDS(ゾイド)はタカラトミーが販売している組立て式の玩具です。ゾイドは動物をモチーフにしたデザインの戦闘兵器で、それぞれ装甲や機銃などを装備しています。メカ生体ZOIDS(ゾイド)の独自の世界観は多くの人を魅了し、様々な関連商品を生みだしました。
メカ生体ZOIDS(ゾイド)の世界では中央大陸の覇権をへリック共和国とゼネバス帝国が争っています。マッドサンダーはへリック共和国のゾイドとして、ゼネバス帝国の強力なゾイドであるデスザウラーに対抗する主力ゾイドとして誕生しました。頭部にはデスザウラーの荷電粒子砲を吸収する「反荷電粒子シールド」が取り付けられ、吸収したエネルギーは「マグネーザー」と呼ばれる2本のドリルを利用して攻撃に利用することができます。

「マッドサンダー ゾイド(ZOIDS)」のシリーズとは?

メカ生体ZOIDS(ゾイド)のシリーズは1990年までのものを第1期と呼びます。
第1期では1/72のシリーズと1/24のシリーズの24(ツーフォー)が登場しました。24は縮尺こそ1/24ですが、大型ゾイドの多くが1/72のシリーズから登場しているため、製品サイズは両シリーズ共に同程度になっています。マッドサンダーは1/72シリーズから登場し、全長45cmの迫力あるフォルムが人気を集めました。2001年に発売された「RZ-EZシリーズ」のモデルでは目のデザインが変更になりました。オリジナル版では黄色く発光し点滅するのに比べ、再販のマッドサンダーの目は赤く光り点滅しません。

「マッドサンダー ゾイド(ZOIDS)」の歴史とは?

1983年にMECABONICA(メカボニカ)から名前を変更したメカ生体ZOIDS(ゾイド)は、ゼンマイや電動モーターを動力にした動く玩具として人気を集めました。1988年にマッドサンダーは発売されましたが、1990年にメカ生体ZOIDS(ゾイド)のシリーズは終了します。
1999年8月にゾイドの復活を臨む声をうけ、メカ生体ZOIDS(ゾイド)は機獣新世紀ゾイドとして第2期シーズンをスタートしました。機獣新世紀ゾイドはオリジナルの世界観を引き継ぐゾイドバトルストーリーが背景となっています。このシリーズでは「RZ-001ゴジュラス」などメカ生体ZOIDS(ゾイド)で発売されたゾイドを再発売し、マッドサンダーは2001年11月に登場しました。

ゾイドは様々なメディアを通して重厚に作り上げられた世界観を持つ作品として、子供向けの玩具という扱いから、大人向けのコレクターアイテムという扱いがなされるようになりました。そのため、MECABONICA(メカボニカ)やメカ生体ZOIDS(ゾイド)のオリジナルだけでなく、再販モデルも根強い人気があります。マッドサンダーはその中でも需要が多いゾイドです。
古い玩具であっても探している方が多く、買取などの中古市場では、開封済みや組み立て済みの品であっても高値をつけることがあります。手元に不要なマッドサンダーがあるならば、買取サービスを利用する事によって臨時収入になるかもしれません。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!