メカ生体 ゾイド ZOIDSの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
2月20日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メカ生体 ゾイド ZOIDS メカ生体 ゾイド ZOIDS高額買取
2月20日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
2月20日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メカ生体 ゾイド ZOIDS驚きの買取事例
2月20日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メカ生体 ゾイド ZOIDS高額買取

メカ生体 ゾイド ZOIDS 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! メカ生体 ゾイド ZOIDS高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

メカ生体 ゾイド ZOIDS買取の査定の裏側を動画で大公開します!



ゾイド 注力買取品一覧

買取項目一覧

メカ生体 ゾイド ZOIDS買取のお取引方法を動画でご説明します!

メカ生体 ゾイド ZOIDS高額買取


「メカ生体 ゾイド ZOIDS 」とは

メカ生体ZOIDS(ゾイド)とは、タカラトミーが販売した戦闘兵器の玩具で、ゼンマイやモーターを動力に動く玩具として人気を集めました。「ZOIDS」は動物のアンドロイドと言う意味の「ZOIC ANDROIDS(ゾイック アンドロイド)」を元にした造語で、デザインのモチーフは動物です。組み立て式の玩具で、パーツの接続には接着剤が不要なスナップフィットが採用されているため、分解も自由にすることができます。
メカ生体ZOIDS(ゾイド)は、惑星Zi(わくせいズィー)におけるヘリック共和国とゼネバス帝国の争いという独自の世界観とストーリーを持っています。この世界観は多くのメディアミックス作品を生み出しました。

「メカ生体 ゾイド ZOIDS 」のシリーズとは?

メカ生体ZOIDS(ゾイド)には「1/72スケール」と「24」(ツーフォー)と呼ばれる1/24スケールのシリーズがあります。「1/72スケール」にはメカ生体ZOIDS(ゾイド)の前身である「メカボニカ」や「アタックゾイド」が発売されました。「アタックゾイド」はヘリック共和国から8種類、ゼネバス帝国の帝国側から9種類のゾイドが登場しました。
メカ生体ZOIDS(ゾイド)は動力源によって動く事が一般的ですが、運動機能を持たない「トランスファイター・ゾイド」のような種類も存在しています。更に海外版のメカ生体ZOIDS(ゾイド)には、日本で流通したものと同名でありながら異なる金型から造られたデザインのゾイドや、異なるカラーバリエーションのゾイドが存在しています。

「メカ生体 ゾイド ZOIDS 」の歴史とは?

メカ生体ZOIDS(ゾイド)はアメリカにあるトミーコーポレーションが「ZOIDS(ゾイド)」として1982年に販売した玩具がその始まりです。「ZOIDS(ゾイド)」は欧米での好調な売上の後押しで、日本市場においても「MECHABONICA(メカボニカ)」と名前を変えて売り出されるようになりました。しかし、日本市場では振るわず、1983年に商品名を「メカ生体ZOIDS(ゾイド)」と変更し、同時に初の電動モーターを用いたゾイド「ビガザウロ」を発売しました。その後「メカ生体ZOIDS(ゾイド)」は「ゴジュラス」といったヒット商品が登場して高い人気を得ましたが、1990年の「デス・キャット」の発売でシリーズは終了しました。

メカ生体ZOIDS(ゾイド)は1990年にシリーズが一度終了しましたが、1999年8月に機獣新世紀ゾイドとして新たな製品やストーリーが展開されています。また、復活に伴い「ゾイド -ZOIDS-」や「ゾイド新世紀スラッシュゼロ」などのアニメが放送され、オンラインゲーム「ゾイドオンラインウォーズ」がサービス開始するなど、とても人気があるシリーズです。
古いメカ生体ZOIDS(ゾイド)の処分に困っている場合には、買取サービスに査定を依頼してみるとよいでしょう。組み立て済みやパーツの不足がある品であっても、そのメカ生体ZOIDS(ゾイド)を大切にしてくれる人が見つかるかもしれません。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!