メカボニカの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メカボニカ ゾイド ZOIDS メカボニカ高額買取
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
おまとめ査定
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メカボニカWANTED
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メカボニカ驚きの買取事例

高額査定の秘密はこちらの漫画で! メカボニカ高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

メカボニカ買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

千葉県 N・Sさん

買取依頼品:ゾイド メカボニカ メカギラス ほか

ゾイド関連商品を長年集めていましたが、整理のためにこちらのお店で買取してもらうことにしました。すべてが高値というわけにはいきませんでしたが、中にはメカボニカなど希少価値のあるものもあって、納得の価格を提示してもらえました。対応も良く、また利用したいです。


東京都 H・Hさん

買取依頼品:ゾイド メカボニカ メカトロス ほか

昔好きだったゾイドが出てきたので、他にもあるたくさんのグッズと共に買取してもらいました。しかも、出張買取してもらいました。値段がつくか心配でしたが、いくつかは高価なものだったようで、専門家の目は違うと感じています。とても良かったので、またお願いしようと思っています。


神奈川県 Y・Mさん

買取依頼品:ゾイド、24ゾイド、メカボニカ ほか

ゾイドのグッズを、出張買取を利用して買い取ってもらいました。どのグッズにどれだけの価値があるのかを、専門の鑑定士が見てくれるので信頼しています。また利用します。



ゾイド 注力買取品一覧

買取項目一覧

メカボニカ買取のお取引方法を動画でご説明します!

メカボニカ ゾイド ZOIDS高額買取


「メカボニカ」とは?

1982年に売り出されたメカボニカは、翌1983年にトミーが売り出したメカ生体ゾイドシリーズの前身のプラモデルです。 当時はストーリーはなく、化学教材の色合いが強めでした。
ゼンマイで動く仕組みになっており、販売元のトミーは動物を象った機械生物として推していました。しかし残念ながらメカボニカの売上は芳しくなく、改良と名称変更をして、翌年にはメカ生体ゾイドが発売されたのです。そのため販売期間が短かったメカボニカは、今となっては貴重な品と言うことができます。買取価格もそれなりになるでしょう。

「メカボニカ」のシリーズとは?

メカボニカは、その後メカ生体ゾイド、機獣新世紀ゾイド、ネオブロックスゾイド、ゾイドリバースセンチュリー、ゾイドオリジナルと続いていきます。当初はサイドストーリーはなかったメカボニカですが、シリーズが増えるにつれ、独自の世界観とストーリー展開が生まれていきました。それが多くの人の関心を引き、結果としてプラモデルの世界に留まらず、メディアにも進出しています。
基本的には生き物を機械化したものがイメージなのですが、大きさや種類が様々なのも、シリーズを通して共通しています。

「メカボニカ」の歴史とは?

メカボニカはアメリカにて「ZOIDS」が1982年に発売となったことから歴史が始まりました。 それが日本にやってきたものが、メカボニカだからです。
1983年からはメカ生体ゾイド、1999年から機獣新世紀ゾイド、2006年からネオブロックスゾイド、2007年からゾイドリバースセンチュリー、2013年からゾイドオリジナルと名を変え品を変え、進化してきました。 また機獣新世紀ゾイドは、同年「ゾイド-ZOIDS-」として、アニメが放映されます。
その後も、たびたび作品化は続き、現在でもその世界は広がり続けています。

メカボニカは、当時ゼンマイで動くプラモデル、しかも動物が機械になっているということで非常に新しい物でした。接着剤を使わなくても作ることができるというのも、売り文句でした。今は後続のシリーズが次々と発売されていますが、たとえば恐竜型のゾイド・ガリウスや、鳥型ゾイド・グライドラーなどは、それぞれメカギラス、メカトロスという名称でメカボニカ時代から存在します。かつてのシリーズが現在に生きている、それは今は名が消えてしまったメカボニカの存在意義でもあるでしょう。その奥深さが、メカボニカの買取価格が高くなる所以と言えます。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!