メカファントス ゾイド(ZOIDS)の買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
メカファントス ゾイド(ZOIDS) メカファントス高額買取
メカファントスWANTED

高額査定の秘密はこちらの漫画で! メカファントス高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

メカファントス買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

大分県 M・Sさん

買取依頼品:ゾイド メカボニカ メカファントス ほか

就職して、実家から移動できない趣味のおもちゃなどは、こちらで買取してもらいました。押入れに長い間入っていて忘れていたゾイドは高い評価をもらえて、大切にしていたものだったのでうれしかったです。買取初心者の私にも親切に案内してくださり、とても好感が持てました。


熊本県 K・Hさん

買取依頼品:ゾイド メカボニカ メカファントス ほか

ちょっとレアなおもちゃ、メカファントスの買取をしてもらうことにしました。他の店にあるような査定を待たされることもなく、買取方法も簡素化されていて楽でした。ちょっと古いものも専門家が鑑定してくれて助かります。いつもこちらに査定依頼しています。


鳥取県 M・Nさん

買取依頼品:ゾイド メカボニカ メカファントス ほか

メカボニカのメカファントスを売ろうと思い、こちらの買取を利用してみました。宅配なら、近くに買取店がない私の家でも買取してもらえるので、気軽に依頼ができ助かります。他のショップに見てもらった時より買取価格も高くなり、だんぜんお得だと思います。振込もすぐで、ありがたいです。



ゾイド 注力買取品一覧

買取項目一覧

メカファントス買取のお取引方法を動画でご説明します!

メカファントス ゾイド(ZOIDS)高額買取


「メカファントス」とは?

メカファントスは、1982年にトミーによって売り出されたプラモデル、メカボニカの商品の一つです。
メカボニカは、「MECHA」(機械)と「BONE」(骨)を合わせた造語で、「動物の形を機械化したロボット」という意味になります。その中でメカファントスは、象の形をしたアンドロイドです。動力は小型ゼンマイユニットで、ゼンマイを巻くとギイギイと音を立てて動きます。現在、メカボニカはゾイドと名を変えており、メカファントスもエレファンタスと名称変更しています。だからこそメカファントスはレアであり、買取にも力が入ります。

「メカファントス」のシリーズとは?

初代メカボニカとして同時期に発売されたゾイドの始祖とも言えるものに、二足歩行機械獣メカギラス、飛行機械獣メカトロスがあります。メカギラスは恐竜型のメカボニカで、ゼンマイを動力源に二足歩行をします。メカトロスは鳥型をしており、やはり小型のゼンマイを動力に車輪走行します。
この三体は現在のゾイドシリーズでもしっかり生き残っており、それぞれガリウス、グライドラーと呼ばれています。それぞれ設定は加わりましたが、形は変わっていません。これらに関しては、セットで買取に出される方もいます。

「メカファントス」の歴史とは?

メカファントスは1982年に、アメリカで生まれました。その後、恐竜型のメカギラス、鳥型のメカトロスとともに制作キットとして日本で発売されています。ただ、当時の人気はあまり芳しくなかったようです。そのため翌年には名称を変え、別の機体を加えたうえで再度売り出しをしています。
これらは確かに、現在のゾイドシリーズの原型にもなった機体です。接着剤を使わないプラモデルがゼンマイで動く姿は、当時「未来の機械獣」とも呼ばれました。

メカファントスは、当時にしたら画期的な存在かもしれませんが、今から見ると少々惜しいところがあります。その一つは、「動物を模した」とするメカボニカなのに、象の特徴的な鼻がないところでしょう。これでは、聞かなければ象だとは分かりません。しかしこの機体は、ごく初期に生まれた物として、確かに現在の機体にまで影響を与えています。今はエレファンタスと名称を変えて流通しているため、それ以前のメカファントスはとても価値のある一品です。買取査定も、高額になることが見込めるでしょう。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!