メカギラスの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メカギラス ゾイド ZOIDS メカギラス高額買取
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
おまとめ査定
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メカギラスWANTED
7月24日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
メカギラス驚きの買取事例

高額査定の秘密はこちらの漫画で! メカギラス高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール10~20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

北は北海道、南は沖縄まで、全国対応している出張買取は
段ボール箱10~20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図
おまとめ査定

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

メカギラス買取の査定の裏側を動画で大公開します!

お客様の声

東京都 T・Iさん

買取依頼品:ゾイド メカボニカ メカギラス ほか

家まで来て査定してもらう、「出張買取」をしてもらいました。ゾイドシリーズなどをすべてまとめましたが、高い買取価格をつけてもらいました。メカギラスなど意外にも高かったですね。次売る時は、今回ほど数は無いと思うので、郵送買取を利用します。


福岡県 Y・Mさん

買取依頼品:ゾイド メカボニカ メカギラス ほか

集めていたゾイドシリーズをまとめて、買取してもらうことにしました。メカギラスなど希少価値があったことから、買取額も高額になりました。宅配なら送料無料と言われ、利用する側にも配慮してくれているのだと思いました。とても良い買取店です。またお願いしようと思います。


香川県 A・Iさん

買取依頼品:ゾイド メカボニカ メカギラス ほか

ゾイドを大量に売りに出しました。まず最初に、どのように査定してもらえるかなど、メール問い合わせに対する返信がとても早かったです。対応も良く、最後まで不安なく進めることができました。ゾイドの元となったメカボニカが高額で驚きましたw



ゾイド 注力買取品一覧

買取項目一覧

メカギラス買取のお取引方法を動画でご説明します!

メカギラス ゾイド ZOIDS高額買取


「メカギラス」とは?

メカギラスは、1982年にトミーによって売り出されたプラモデル、メカボニカの第一号商品です。メカボニカは、「動物の形を機械化したロボット」という意味があり、その中でもメカギラスは、恐竜の形をしたアンドロイドとして誕生しました。 動力は小型ゼンマイユニットで、腕を振りながら前進します。
現在メカボニカはゾイドと名を変えており、メカギラスはガリウスと呼ばれています。現在流通するすべてのゾイドの始祖だからこそ、メカギラスはゾイド史上重要な存在で、高額買取も期待できます。

「メカギラス」のシリーズとは?

初代メカボニカとして同時期に発売されたものに、メカトロス、メカファントスがあります。
メカトロスは鳥型のメカボニカで、小型のゼンマイを動力に翼を動かしながら車輪走行します。 メカファントスは象の形をしており、やはり小型のゼンマイを動力に耳を動かしつつ四足で歩きます。 これら現在のゾイドシリーズでも存在しており、グライドラー、そしてエレファントスとそれぞれ呼ばれています。
各種の設定は加わりましたが、基本的な形はメカボニカ時代のままで、今から言えばシンプルなものばかりです。これらは、3種類がセットで買取に出されることがあります。

「メカギラス」の歴史とは?

メカギラスは、1982年他の種類と同時にアメリカで生まれました。その後は鳥型のメカトロス、象型のメカファントスとともに制作キットとして日本で発売されるのも同じです。もちろん、当時はあまり人気が出ませんでした。そのため、名前を変えて再スタートを切ることとなります。
しかし当時の人気はどうであっても、メカギラス、メカトロス、メカファントスは現在のゾイドシリーズの原型です。接着剤を使わずに簡単に作ることができますし、しかもゼンマイで動く珍しいプラモデルは、再出発後に多くの方が夢中になりました。

メカギラスは、さすが初代メカボニカと言ってしまいたくなるほど、シンプルな外見となっています。同時期に発売された他の二体、メカトロスとメカファントスに比べると細身ですし、力強さは感じられないかもしれません。ですが、この一体が後に広がっていくゾイドの世界の始まりだと思うと、感慨深く感じられる人も多いでしょう。買取査定に力が入るのも頷けます。また、どうしても古い物であるうえに、売られていた期間が短いので希少性もあります。そのため、買取価格は高額になることが多いのです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!