ターミネーターの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ターミネーター ターミネーター高額買取
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ターミネーター驚きの買取事例
11月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
ターミネーター高額買取

ターミネーター 関連買取実績

高額査定の秘密はこちらの漫画で! ターミネーター高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ
買取の流れ
買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

ターミネーター買取の査定の裏側を動画で大公開します!



アメトイ 注力買取品一覧

買取項目一覧

ターミネーター買取のお取引方法を動画でご説明します!

ターミネーター高額買取

ジェームズ・キャメロン監督映画『ターミネーター』(1984年公開)を第1作目にする、SF映画シリーズです。

軍事用コンピュータ・システム「スカイネット」が反乱を起こし、人類と対立している2029年の未来。機械軍は、人類を抹殺する「審判の日」計画を目論んでいました。

人類側を率いるジョン・コナーが、母親サラ・コナーを守るため過去に送り込んだターミネーターを演じるのは、アーノルド・シュワルツネッガー。
次々送り込まれる敵と、サラ、ジョン、ターミネーターの戦いを描いた一大シリーズです。
映画だけでなく、テレビドラマや漫画、ゲームにも展開されている、マルチメディア作品です。

「ターミネーター」の歴史とは?

第1作目『ターミネーター』が公開されたのは、1984年(日本では1985年)のこと。
敵側ターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツネッガーをヒット俳優に押し上げた作品です。

本作のヒットを受けて製作された第2作目(1991年)は、世界興行収入が5億6千万ドルを超え、アカデミー賞も4部門(視覚効果賞、メイクアップ賞、音響効果賞、録音賞)受賞しています。
これにより、作品の人気は不動のものに。
2003年に第3作目、2009年に第4作目、2015年にリブート作と、継続的に続篇が公開され、「スカイネット」の謎が徐々に明かされてゆきます。

これらのヒットを受け、マルチメディア展開、さらには多様なグッズが発売されています。
本シリーズの象徴ともいえる、アーノルド・シュワルツネッガーの立ち姿のフィギュアは、店先で見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

「ターミネーター」のシリーズとは?

人類の抵抗軍ジョンの母親、サラに襲いかかる敵を倒したのは、未来のジョンから送り込まれた兵士、カイル。

ジョンの両親の出会いの物語である第1作目ののち、第2作目では、10歳のジョンをめぐって、ターミネーター同士の攻防戦が繰り広げられます。
「審判の日」阻止が成功したかに思えた矢先、3作目ではまたも敵側ターミネーターが襲来。
またも起こる壮絶な戦いののち、予定が狂っただけであった「審判の日」がついに現実のものに。
続く4~5作目では、「審判の日」の先の未来で壮絶さを増す、スカイネットと人類の戦争が描かれています。


シリーズの魅力のひとつは、次々登場する殺人アンドロイド、ターミネーターたち。アーノルド・シュワルツネッガー演じるT-800は、チタン合金の骨格に人工皮膚をまとっており、自身を修理することも可能。どこか人間味のあるアンドロイドです。

敵側につくのは、液体金属でできた変幻自在なT-1000、火炎放射器やカッターなどの武器を内蔵した、美しい女性の外観であるT-X。
そして第4作目になると、これまでのヒューマノイド・アンドロイドではなく、バイク型、ウナギ型などさまざまな形態のアンドロイドが登場します。
フィギュアも多く、マニア心をくすぐるキャラクターたちです。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!