トミー(TOMY) の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
4月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
トミー(TOMY) トミー(TOMY)高額買取
4月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
4月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
トミー(TOMY)驚きの買取事例
4月25日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
トミー(TOMY)高額買取

トミー(TOMY)高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

注力買取品一覧

買取項目一覧

トミー(TOMY)高額買取


「トミー(TOMY)」とは?

トミー(TOMY)とはかつて日本に存在していたおもちゃメーカーです。
1953年に創業し、東京都葛飾区立石に本社を構えていました。輸出用玩具の生産からスタートし、ブリキの玩具やミニカーなどで大手玩具メーカーとして台頭。
1970年に発売したトミカ、1950年代から発売しているプラレール(発売当時は別の名称)は21世紀も続くロングラン商品として、長く愛され続けています。

2006年3月に玩具メーカータカラと合併し、2015年現在はタカラトミーという社名で、社屋はトミー時代のものを引き継いで葛飾区立石に本社をおいています。

「トミー(TOMY)」のシリーズとは?

トミー(TOMY)のおもちゃとして最もポピュラーなものはダイキャストミニカーのシリーズトミカ、そして自走する電動電車模型のプラレールです。
未就学時でも遊べるサイズやギミック、そして遊びを広げるプレイセットなどたくさんの要素を内包したシリーズであり、ともに40年以上の歴史を誇っています。
また1997年に発売したポケットモンスター関連の玩具も、2015年でも定番商品として愛されています。

男児向けでは動物型電動組み立て式玩具のZOIDS(ゾイド)や、恐竜探検隊ボーンフリー、伝説巨神イデオンなどのワンタッチ変形する合金玩具も発売していました。

「トミー(TOMY)」の歴史とは?

トミー(TOMY)は1953年に三陽工業として創業し、B29などの海外向けのブリキのおもちゃやミニカーを主に作っていました。
輸出仕様の玩具で特に有名なのは1961ンに発売したピギークックです。
シンプルな構造ながら豚のコックがフライパンで料理をひっくり返すさまを表現した名品です。
1970年にはトミカが大ヒット。キャラクターものには1970年代後半から参加。ワンタッチ変形ギミックの商品が有名です。
また1975年の黒ひげ危機一発に代表されるアナログゲームではポケットメイトという手のひらサイズのゲームも出していました。

1991年からはエルドランシリーズというロボットアニメの合体玩具を発売。
1997年のポケットモンスターではてのひらピカチュウが大ヒット商品となりました。関連子会社では鉄道模型メーカートミーテックが有名です。

トミー(TOMY)のおもちゃは時にその製造技術力が高く評価され、大手玩具メーカーの中では販売のバンダイ、アイデアのタカラ、製造のトミーと業界内で呼ばれていました。

プラレールのレールの製造にもその技術力は現れており、親子二代でプラレールで遊んでいた場合に、今と昔の商品がしっかりと組み合って繋げられる精度の高さを誇っているほどです。
トミカとプラレールは同社の代表的な商品だけあって、一緒に遊ぶことを提案しており、トミカ博、プラレール博といったイベントも毎年全国各地で開催されて、多くの子供達で会場が賑わっています。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!