軍用機模型の高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取コレクター
おもちゃ買取無料査定
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
軍用機模型 軍用機模型高額買取
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
お客様に選ばれNo.1
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
軍用機模型驚きの買取事例
3月28日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
軍用機模型高額買取

軍用機模型高額査定の秘密はこちらの漫画で!

買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ 買取の流れ 買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明



注力買取品一覧

買取項目一覧

軍用機模型高額買取

「軍用機模型」とは?


軍用機模型とは、主に軍事目的に利用される航空機のプラモデルの事であり、民間航空機とは一線を画す独特なフォルムが人気となっています。
日本国内は勿論、世界中で活躍及び運用された軍用機のモデルがあります。また、大戦時に活躍した戦闘機から、現在活躍する戦闘機、更には無人航空機や爆撃機と言ったあらゆる機種のモデルを網羅しており、同一モデルであってもメーカーによっては微妙な差異も見られます。

ディテールの細かさや、現物をいかに再現しているか、模型としてのバランスやスケールなど、メーカーごとに固定のファンも付いている程、軍用機模型はプラモデルの中でも人気の種類です。

「軍用機模型」のシリーズとは?

有名模型メーカーとして、タミヤ、アオシマ、ハセガワなどがあります。それらメーカーの中でも軍用機模型には多くのシリーズがあります。中でもタミヤの1/48スケールは有名で、その中には傑作機シリーズと呼ばれる物があります。このシリーズは、世界中の名戦闘機と呼ばれた物を模型にしており、フォルム、性能など、あらゆる視点から、ミリタリーマニア、戦闘機マニアに人気の機種を1/48スケールで販売しています。
1/48よりも大振りな1/32スケールや、掌サイズの1/100スケールなども販売されている他、専門スタッフが仕上げまでを施したマスターワークコレクションなどもあります。

「軍用機模型」の歴史とは?

日本に模型が入ってきたのは戦後の1950年代です。その中で、軍用機模型が一般に広まり始めたのは1950年代後半から1960年代に掛けてであり、有名なゼロ戦や紫電など、大戦時に活躍した軍用機の縮尺モデルが販売され始めました。
当初は木製模型のメーカーだった模型会社もプラスティック模型へと参入し始めたのもこの頃であり、1963年頃にはタミヤが1/50スケールの「零式艦上戦闘機52型」などの販売を始めています。
以降、軍用機模型は人気に左右されつつも、昨今、戦闘機を擬人化したアニメなどの影響も受けて、現在でも一大ジャンルとして販売されています。

軍用機模型をはじめ、数多くの模型が販売されている現在、その種類は膨大で、細部にもメーカーの拘りが見えます。古い時代の模型は、現在のようにパーツを安易に切り離せる事は無く、結合も接着剤が必須でした。さらには、欠品や曲がっているのが当たり前であり、作成には大きな労力と多大な集中力を要するのが一般的でした。
現在の模型はニッパーで簡単に切り離せ、素組み、仮組をするだけでも立派になりますが、組み立てが簡素になった分、完成時の美しさに手間をかける時間があり、作り手とメーカー側の切磋琢磨により、芸術品とすら言える軍用機模型を作り上げることが出来ます。
買い取り無料査定

日本一の高額査定を目指します!