ゾイド・ZOIDSの高額買取・価格査定なら、買取コレクターがおすすめ!

 
おもちゃ買取無料査定
12月6日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
12月6日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン
12月6日までにお問い合わせ頂いた方限定で、買取金額20%UPキャンペーン

高額査定の秘密はこちらの漫画で!


買取コレクターの強み

宅配買取は、段ボール20箱以下の程度の量の買取に最適です。
ご希望の方には無料の宅配キットもお届けさせて頂き、ご自宅にいるだけで、運送会社が集荷に伺いますので、簡単にご利用頂けます!
お振込みは最短当日という、超が付くほどの迅速な対応と、プロの鑑定で必ずご満足頂ける買取をさせて頂きます。

地方住まいの為、周りにこういったショップが無くて困っておりましたが、
とにかくシンプルで簡単にお取引できました。
お振込みもスピーディーで、査定金額にも大満足でした!
やっぱり、こういった商品はプロに見て頂くのが一番ですね★
連絡もメールが主体なので、自分の都合に合わせてお取引が出来るのも
GOODでした♪

宅配買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

コレクションが沢山あって、お店に持っていくのも、箱詰めするのも難しかったから、直接来てもらえる出張買取は便利だな。
しかも、プロが鑑定してくれて、
その上現金買取なのがうれしい!

出張買取は段ボール箱20箱以上を目安に、箱詰めが難しく、大量の買取の際便利です。
引っ越しや、コレクションの売却など、お部屋いっぱいのコレクションがある方や、
レンタル倉庫に丸ごとなどの、大量買取の場合はお任せ下さい。
商品のプロ中のプロの鑑定士が、直接お伺いさせて頂き、1点1点鑑定を行い、
その場で現金でお支払させて頂きます。
また、お部屋の片づけも同時に承りますので、部屋の片づけの準備無しでご利用頂けます。

出張買取の流れを漫画で確認する
無料査定お問い合わせ

お客様の声

フィギュア写真

京都府 T・Sさん

買取依頼品:レッドホーン、アイアンコングなど

海外に留学することになり、家にあるおもちゃをまとめて宅配買取してもらいました。箱詰めして送るだけだったので簡単に済みました。入金も早く、到着したその日にしてもらえました。留学費用の足しにします。

フィギュア写真

埼玉県 T・Yさん

買取依頼品:メカボニカ、ZOIDS2など

凝ったギミックが好きで、新旧ゾイドを実家でコレクションしてました。でも、ついに整理する日が。。。他のフュギュアなども含めてかなりの量があったので、出張買取をお願いしました。40分ほどの査定が終わり、段ボール20箱近くに。さみしくなりますが、部屋は一気に片付きました。

フィギュア写真

鳥取県 N・Oさん

買取依頼品:メカ生体ゾイド、復刻版など

組み立て済みのゾイドは、近くの店舗型の買取ショップで扱ってもらえなかったので、ネットを見て買取コレクターさんにお願いしました。組み立て済みでも、一個一個をきちんと査定して買い取ってもらえました。選んで良かったです。

買取の流れ

買取の流れ図

買取コレクターと他社との比較

買取実績図

動画で説明

注力買取品一覧

買取項目一覧

ゾイド高額買取

ゾイド(ZOIDS)の買取は、買取コレクターにおまかせください!
1980~1990年代の旧ゾイドから2000年以降の新ゾイドまで、ゴジュラス、キングゴジュラス、サラマンダー、ゴルヘックス、マッドサンダー、
シールドライガー、アイアンコング、デスザウラー、サーベルタイガー、ギル・ベイダー、デス・キャット、ブレードライガー、ジェノザウラー、
ムラサメライガー等々、新ゾイド、旧ゾイド問わず、ゾイドシリーズを買い取りしています。

プラスチックキットからゲーム、アニメまで、長い歴史を持つゾイドは、世界中、幅広い年代でファン、コレクターの多い人気シリーズです。
買取コレクターは、ゾイドシリーズの価値を知るプロの鑑定人が、あなたの大切なコレクションを一品一品しっかり査定して高額買い取り。
タカラトミー製ゾイドのみならず、コトブキヤ製のHMMシリーズ、海外版のゾイドなど、ゾイドコレクションを手放す前に、買取コレクターにご連絡ください!
(時折、当店の鑑定人がTV/雑誌などからも取材を受けておりますので、コチラのページをご参照下さい。)

箱入り、未使用品のゾイドは特別価格で買い取りさせて頂くのはもちろんの事、通常の買取店舗などではお値段を付けていないことが多い、
バラバラになってしまったゾイドも、当店では査定の対象とさせてい頂いております。
箱ナシ、組み立て済み、パーツの欠品や破損があるジャンク品ゾイドにも、しっかり適正なお値段をお付けさせて頂きますので、
まずは買取コレクターの無料鑑定までお気軽にお問い合わせください。

買い取りまでの流れもシンプル、そしてスピーディ。サイズが大きいゾイドも、着払いで買取コレクターへお送りください。
到着当日~翌営業日までに専門の鑑定士が査定し、金額をメールでご連絡させて頂きます。査定金額にご了承いただきましたらご指定の口座まで買取金額をお振り込み。
お振り込み手数料も、買取コレクターがご負担させて頂きます。

また、買取コレクターでは大量の商品を一度にお送り頂いた際、「おまとめ査定」でプラス査定。コレクションの整理やお引っ越しなどで、
貴重なゾイドの売却を検討されているなら、お得な買取コレクターをご利用ください。

ゾイド(ZOIDS)とは?

ゾイド(ZOIDS)は、トミー(現タカラトミー)が創作したSF設定に基づく巨大な動物型メカ「ゾイド」の玩具と、そこから展開されたメディアミックス作品である。「ZOIDS」は、英語の「ZOIC ANDROIDS(動物のアンドロイドの意)」から命名されている。

1982年にトミー(現・タカラトミー)が生産して、米国現地法人であるトミーコーポレーションからゼンマイで動く「ZOIDS」が発売されて人気を博した。
日本では当初「メカボニカ」名で販売したものの振るわず、1983年に再び「メカ生体ゾイド」と名付けけて販売。
このときに電動モーターで動くビガザウロが大型ゾイドとして初登場。
さらに、より多くのギミックを搭載した大型ゾイド・ゴジュラスが登場すると、日本市場でのゾイド人気を牽引し、名実ともに初期ゾイドシリーズの主役級キャラへと育っていった。それにくわえて、帝国側ゾイドもラインアップして、シリーズもしだいに充実してくる。

また、この頃に『小学一年生』~『小学三年生』(小学館)に掲載されたジオラマ小説(ゾイド バトルストーリー)や、特撮CMも人気を集めた。 1989年にはガイロス帝国(暗黒軍)の出現で新展開を迎え、ゾイドもヒロイックなデザインが色濃くなっていくが、時代はミニ四駆人気と重なり、1990年のデス・キャットを最後にして一旦。
幕を閉じる。1990年代後半、インターネット時代に入り、旧シリーズからのゾイドファンへ向けられたWebコンテンツの提供が始まり、1997年から公式ウェブサイトが立ち上げられると、ゾイドの限定販売がイベントで行なわれた。

その後、1999年、ゾイドは9年ぶりに復活して「機獣新世紀ゾイド」として新シリーズがスタート。
翌月に毎日放送でTVアニメ『ゾイド-ZOIDS-』が放映される。
当初は旧シリーズの色を替えただけであったが、ジェノザウラー、ブレードライガーなど人気の新作キットもお目見えして、2001年にもアニメ『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』がTV放送された。
2004年にはTVアニメ『ゾイドフューザーズ』がテレビ東京で、さらにその翌年には日本向けの新作『ゾイドジェネシス』とその商品展開へと進み、バイオゾイドなどの新たな製品に加え、ギルドラゴン、カノンフォートなどの復刻ゾイドも発売された。
2006年には、コトブキヤとのコラボ商品で、高品質で緻密なディテール、可動も可能なゾイドハイエンドマスターモデル(HMM)シリーズが、通常のゾイドより、年齢の高い層に向けて販売される。2012年にはタカラトミーの子会社であるトミーテックブランドで発表された1/144スケールのプラモデルシリーズ、モデラーズスピリットシリーズ(MSS)が発売。
このように近年は、他社がフィギュアやプラキットの制作や販売を行ない、タカラトミーがゾイドのライセンスを許諾するという販売スタイルも増えた。

2009年にガルタイガーGCが出されて以降、タカラトミー発信の商品展開と生産が一時休止していたが、ゾイド30周年となる2013年には、ホビージャパンから刊行された『ZOIDS ConceptArt』の世界観を継承して新たにゾイドオリジナル(キットシリーズ)が満を持して発売された。

世界中の根強いファンに支えられて、ゾイドはマニアやコレクターの多いシリーズとなっている。

買い取り無料査定